So-net無料ブログ作成
検索選択

合法犯罪 [雑記]

とあることを思いついて、前回のエントリーを読み直してみたんだけど、ちょっと感情的になり過ぎたかなと思った。
犯罪を推奨しているところもあるし、削除しようか迷ったけど、
ここは私の日記代わりでもあるし、数年後にこんなことあったなあなんて思いたいので残すことにした。

あのエントリーを書いた週は不運続きで、他にもいろいろなことがあったけど、
今回書くのは、身内で詐欺の被害者が出たことに始まる。

その詐欺については、さすがに警察も動いてくれるらしいんだけど(当たり前だけど)、
詐欺にあったお金が返ってくる確立は低いらしい。
(ちなみにその中で警察にいろいろ言われたらしく、その不平不満も書きたいところなんだけどやめておく)

その二つの事件で私が思ったことは、世の中の不条理とか、
世の中間違ってるとかそういうことだけじゃなくて、
この世の中には「合法犯罪」が確かに存在するということだった。

「合法犯罪」というのは私が思いついた言葉で(私がオリジナルというわけではないけど)、
「完全犯罪」とはまったく別のものである。

完全犯罪はどちらかというと「捕まらない」ことが主であると思う。
サスペンスドラマで良く出てくる言葉だ。

対して合法犯罪は、法に触れることなく、
己の利益のみを享受することができる極めて一方的な犯罪のことである。

大きな違いは「法に触れない」ということだ。

犯罪なんだから合法なわけは無いんだけれど、
その呼び方が一番しっくりくるのでそう呼ぶことにする。
(人によっては脱法犯罪と言ったほうが分かりやすいかもしれない)

まあとにかく、法に触れない犯罪が確かに存在するのである。

例を説明すると、
前回のエントリーで書いた、mixi上での誹謗・中傷事件は合法犯罪に入る。
ちなみに、誹謗・中傷を書く行為自体は立派な犯罪である。

と、ここで矛盾していると考える人も多いだろうから解説を。
誹謗・中傷を書く行為自体は立派な犯罪である。
しかし、先の件では、私がこれ以上追求することを諦めたので合法犯罪になるのである。

どういうことかというと、警察から「この件は事件になりません」とはっきり言われた時点で私の心はポッキリと折れ、
それ以上の追求をやめたのだが、この時点で合法犯罪が成立するのである。

たとえば私が警察の心無い言葉にめげず、お金を使って犯人を特定することは出来るかもしれない。
もしかしたら違うアプローチの仕方で警察を動かすことが出来るかもしれない。
もっというと、誹謗・中傷を受けた私の知り合いが自殺すればそれは事件になり、
(これははっきり警察に確認をとったので間違いない。)
合法犯罪は成立しないのだが、(自殺するまで待てと言うのか!?と怒り心頭だがまあこれ以上書くまい。)
私はそこで諦めたので合法犯罪が成立するのである。

だって「事件になりません」とはっきり明言されたわけで、
事件でないのだから法がからむことは無く、
結果的に「合法」という結論になる。

そういう理由でmixiの件は合法犯罪である。

ではネット上で誹謗・中傷を書くことはどうかというと、
その相手がたとえば天皇であるとか、政治家であるとかした場合、
おそらく警察は動くだろうから(一般市民の虚しさよ!)、
合法犯罪ではないのである。

ここまではOKだろうか?

ちなみにmixiの件は合法犯罪の中の「サイレントクライム」というカテゴリーに属すると考えている。
(サイレント・クライムというのも私が考えた言葉で、用は被害者が泣き寝入りするしかない状況のことである。)
とここまで考えてひらめいた!

それは、合法的にレイプすることや、合法的に人を殺すことも可能なんではないのかと考えたのだ。
(合法的な殺人というと精神異常者が殺人を犯す場合を想像してしまうが、
それは単に無罪になるだけで「合法」では無い。)

当然それを具体的に説明するわけにはいかないし、そもそもレイプとか殺人なんかに興味は無いのでどうでもいい。
私が興味を持ったのは、これを利用すれば恐ろしいほどの速さでお金持ちになれるのではないかということだ。

丸々一日真剣に考えれば、その方法が思いつきそうな予感がするのである。
(まあ思いついたところで豊田商事の二の舞になるだろうから、思いついても実行はしないだろうけどね。)

世の中には私の知らないことがたくさんある。
その中のひとつが合法犯罪であったのだ。

他にもきっと、楽しい人生を送る方法とかあるに違いない。

今回の事件でそんなことを考えた。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。